Wednesday, 19/9/2018 | 9:27 UTC+9

サワコの朝 デヴィ夫人が選んだ二曲目 ラヴェル ボレロ

デヴィ夫人のいくつになってもアグレッシブというか反骨精神というかチャレンジャーなところ、好きです。

話聞いていて思いました。

お肌のメンテもしているし、ファッションも気をつかっている。

選曲のセンスも良いと思いました。

この曲は僕なんかは、ダンス(ダンス)とともにある曲になっています。

映画「愛と哀しみのボレロ」の影響ですね。

ジョルジュ・ドン

シルヴィ・ギエム


About