Monday, 15/10/2018 | 8:43 UTC+9

ちょっとサイケなマントラがこんなにカッコいいとは!ロマンチックなインド・ラブ・ラウンジLove Lounge from Psychedelic India

インドの魅力は数々あれど、まずはその妖しい美しさ。音楽に おいても妖しい魅力はサイケでアンダーグラウンドなラウンジ にも遺憾なく発揮される。

選曲は、一曲目からアーシャ・プトリのヴォーカル「シャンテ ィ、シャンティ」「オーム、オーム」などををサンプリングし たサイケデリックでピースフルなグルーヴに何故か癒される。 二曲目は、南インド、タミールの有名な美人女性ヴォーカル、 マタンギのリミックス。胸を締め付けるようなヴォーカルに現 代的なサウンドと南インド古典の笛が妙な味を醸し出す。四曲 目は、シャールク・カーン主演のヒンドゥ映画の切ないラヴ・ ソングのリミックス。この映画は泣けます。五曲目は、ヒンドゥの神の中でもスーパーヒーロー、クリシュナ神に捧げる現代風のマジカル・ヒーリング・マントラ。六曲目もシャールク・カーン主演の珠玉の恋愛映画『ヴィール・ザーラ』の主題歌のリミックス。七曲目は、世界が大注目の若手気鋭のシタール奏者、ニラドリ・クマールの幻想的なラヴ・サウンドなど。これぞ、スタイリッシュ、ゴージャスな魅力が詰まった、捨て曲ない構成。「愛」がキーワードの心地よいライト・サイケデリック・インディア作品集。

試聴ページ