Saturday, 19/10/2019 | 10:19 UTC+9

『太平洋の防波堤』(マルグリット・デュラス)から「ラモーナ」

『太平洋の防波堤』(1950)はマルグリット・デュラス(1914-1996)の3作目にして、初の自伝的作品。

戦前のフランス領インドシナのお話。


母親が出てゆくと、ジョゼフが「『ラモーナ』をかけよう」と言った。彼は古いレコードを取りにいったが、その中で『ラモーナ』が一番貴重なレコードなのだ。

    ラモーナ、ぼくはすばらしい夢をみた。
    ラモーナ、ぼくら二人で旅に出た。
    ・
    ・
    ・


About